カードローン比較

消費者金融の比較の仕方

消費者金融のカードローンで借りたいというとき、どのような点に注目して比較していけばいいのでしょうか。

 

基本スペックにはそれほど差がない

大手の消費者金融であれば、審査時間は最短30分のスピード審査で来店不要のインターネット申込も可能、自動契約機も全国各所に設置されていてローンカードの即日発行も可能というように審査や申込においてはそれほど差がありません

 

また金利は4.5%〜18.0%前後、限度額は最高500万円と各社大体が同じような数値になっています。

 

そんななかモビットは金利3.0%〜18.0%、限度額最高800万円と突出しており低金利・高額融資可能なイメージがありますが、実際のところモビットは総量規制の影響を受けますので借りられる額は自身の年収の3分の1までとなります。また下限金利は3.0%と超低金利ではありますが上限は18.0%と他と変わりません。

 

つまり、大手の消費者金融であれば、基本的なスペックとしてはどこで借りてもそれほど差がないのです。

 

サービス内容で比較する

では消費者金融を比較する際にはどこで比べたらいいのか、それはサービス内容です。

 

・自動契約機
例えば自動契約機でのローンカード発行がどの大手でも可能と前述しましたが、自動契約機の数には違いがあります

 

プロミスやアコムは全国で1,000台を超える設置数となっていますが、アイフルは600強です。プロミスの場合にはさらに700台以上ある三井住友銀行のローン契約機も利用できますし、また営業時間も9:00〜22:00までと長くなっています。(※一部21時もあります。)

 

・融資スピード
審査スピードには違いがありませんが、融資スピードには差があります。
プロミスとアコムの場合には最短1時間融資となっています。

 

・無利息サービス期間がある
プロミスにははじめて利用する方に30日間の無利息サービス期間があります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)またアコムでも、初めて利用する方に最大30日間の金利0円サービスがあります。(※返済期間35日ごとで契約の場合)

 

・WEB完結がある
モビットには電話連絡なし・郵送物なしのWEB完結申込があります。
家族や会社に知られずにこっそりお金を借りたい方におすすめです。
プロミスも郵送物なしのWeb完結が可能となっています。

 

・24時間対応の振込融資がある
プロミスでは三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座をお持ちの場合、24時間最短10秒で振込完了する瞬フリサービスがあります。また、アコムの場合は楽天銀行に口座をお持ちの場合、24時間最短1分程度で振込が完了します。