カードローン比較

銀行カードローンの比較の仕方

銀行カードローンは消費者金融とは違い、各銀行によってスペックやサービスに大きな違いがあります。

 

金利や限度額

銀行カードローンの金利は全体的には低金利という印象がありますよね。
大手都市銀行系カードローンなどで一般的に多いのが、金利4.0%〜14.5%前後、限度額500万円というスペックのものです。

 

消費者金融と比べると低金利ですよね。

 

しかしなかには、「これは住宅ローンか?」と思ってしまうような超低金利な銀行カードローンもあれば、消費者金融並みの高い金利のものもあるなど、銀行によって大きく差があります。また、限度額も500万円程度のものから1,000万円のものまで幅広くあります。

 

ただし覚えておきたいのが、低金利なものほど審査は厳しくなる、ということです。

 

審査スピードと審査の厳しさ

最近では銀行カードローンでも即日融資可能なものが多くあります。
しかしながら、その審査スピードは大手消費者金融のそれと比べるとやや時間がかかる傾向にあるようです。

 

もちろん、実際に即日融資可能なケースも多々あるのですが、平均的にみると2営業日程度かかっている方が多いようなものもあったりします。

 

また審査の厳しさに関しては、金利が低金利なぶん厳しい傾向にあります。
しかし、この審査スピードと審査の厳しさも、銀行によってかなり違いがあるようです。

 

そのため銀行カードローンの審査を比較の際には最短審査時間などをみるだけでなく、実際に利用した方がどれだけ時間がかかったのか、また審査の厳しさはどうだったのかということを口コミサイトで確認するのがいいでしょう。

 

口コミというのは個人的な意見ですし人によって属性や信用状況なども異なりますからあくまでも参考程度にしかなりませんが、口コミの数の多さは利用者数の多さでもあります。特に銀行カードローンの場合、審査通過率を公表しているところはほとんどありませんので、どのようなカードローンなのか口コミを参考にしてみることをおすすめします

 

利便性

銀行カードローンは基本的に、消費者金融のカードローンと比べますと利便性の面では劣ると言えます。ですがやはりこれも銀行によって差があり、なかには大手消費者金融のように無人で契約できる契約機を全国に設置している銀行もあれば、手持ちの銀行キャッシュカードにローンカード機能を付与できるようなサービスを行っているところもあります。

 

特に利便性が高いのはメガバンクのカードローンでしょう。
全国的に不便なく利用出来ますし口コミでも評価が高いものが多くおすすめです。