カードローン比較

カードローンはあなたの条件にあったものを選びましょう

お金を借りたいとき、人によって借りたい理由や条件、不安に思っていることなどが違ってくると思います。そのため、カードローン選び・比較の段階ではあなたの希望する条件にあったものを選ぶことが大切になってきます。

 

「金利も低いところがいいけれど即日でも借りたいし、できれば審査が通りやすいところがいい」

 

などといろいろ希望する条件がある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分にとって最も優先する理由はどれなのか?それを見極めることが重要です。

 

金利の低さを優先したいのか、それとも即日融資を優先したいのか、審査に通るところを優先したいのか。ご自分が希望する条件にあったカードローンを探してみてください。

 

今すぐ借りたい

審査が早いのは大手消費者金融

今すぐ借りたいという方におすすめなのは大手消費者金融ですね。

 

最近では銀行カードローンでも即日融資可能なところが多くありますが、大手消費者金融の審査スピードは最短30分。なかでもプロミスは融資まで最短1時間と非常にスピーディーな融資でおすすめです。

 

いますぐお金を受け取る手段があるかどうかも重要

今すぐ借りたいという場合には、審査が早いというだけではなく、いますぐお金を受け取る手段があるのかどうかという点も非常に重要になってきます。たとえ審査がすぐに終わったとしても、例えば振込融資ですと基本的には平日15時を過ぎてしまえばお金を受け取れなくなってしまいます。

 

大手消費者金融ですと自動契約機に来店すれば、その場でローンカードの受け取りが可能です。平日15時を過ぎてしまっていても、まだ融資を受けられるチャンスがあります。

 

プロミスの自動契約機の台数は全国で1,000台以上と最も多く、また営業時間も9:00〜22:00まで(※一部21時もあります)と長いため、事前に申込を済ませておき仕事が終わってからローンカードを取りに行く、なんてコトも可能です。

 

またプロミスの場合には、三井住友銀行・ジャパンネット銀行に口座をお持ちの場合、24時間最短10秒で振込が完了する「瞬フリ」と呼ばれるサービスがあります。該当する口座をお持ちの方でしたら振込の時間を気にすることなく利用することができて大変便利です。

 

金利の低いところで借りたい

金利の低さなら銀行カードローン

金利の低いカードローンで借りたいという方は多いです。
金利の低さで選ぶのであれば、やはり銀行カードローンがベストと言えるでしょう。

 

金利は4.5%〜14.5%など幅をもたせて設定されていますが、金利は実際には借入額によって適用金利が決まりますので、50万円未満などの場合ほとんどの方は上限のほうでの適用になると思っておいていいです。そのため、金利比較の際には上限金利で比較します。

 

下限の金利は消費者金融系も銀行系もそう大きな違いが実はないものの、上限の金利には開きがあります。消費者金融系は大体が18%、中小の消費者金融だと貸金業法の上限金利である20%というところもあります。

 

対して銀行カードローンの金利の上限はといいますと、各銀行によってばらつきがありなかには一桁台のところもありますが、大手都市銀行のカードローンなどではだいたい14%台のところが多くなっています。消費者金融系と比べますと実に4%〜6%程度もの開きがあることがわかります。

 

金利が低いということは審査も厳しい

 

 

それでは銀行カードローンの中でも一番金利の上限が低いものを選べばいいのか、というとそうとも言い切れません。金利が低いということは、その分審査も厳しいということだからです。特に、他よりも突出して超低金利な銀行カードローンの場合には、住宅ローンを利用していることなどの条件があったり、審査もそれなりに厳しい可能性が高いです。

 

銀行カードローンはもともと消費者金融と比較しても審査が厳しい傾向にあります。
審査に通る自信のある属性の方でしたらいいですが、そうでないという方は口コミなどを参考にして金利がある程度低くかつ審査も比較的柔軟なカードローンを選ぶようにするといいでしょう。

 

審査になるべく通りやすいところで借りたい

審査になるべく通りやすいところで借りたいという場合にはやはり消費者金融がオススメです。消費者金融の審査は甘いわけではありませんが、銀行カードローンに比べれば比較的審査は柔軟と言えます。

 

これはカードローンの構造上そうなるわけなのですが、審査が通りやすければその分貸し倒れのリスクも高くなりますから利息を多くとって収入を得なければなりません。逆に、審査を厳しくした場合には金利を低くして利息収入がある程度少なくなったとしても貸し倒れリスクが低いから大丈夫というように、審査の通りやすさが金利の高さと反比例の関係になっているからです。

 

大手の消費者金融では審査通過率を公表しており、だいたい4割〜5割程度の審査通過率となっています。銀行カードローンの審査通過率についてはデータがほとんど見当たらないのですが、およそ2割〜4割程度の通過率だとも言われています。消費者金融と同程度の通過率のところもあれば、半分程度のところもあるということです。

 

無利息サービスのあるところで借りたい

どうせお金を借りるなら余計な利息は支払いたくない!と無利息サービスのあるところで借りたいという方もいらっしゃるかと思います。無利息サービスは初回利用時に限り利用出来るというところが多く、お金を借りることへのハードルを下げて借りてもらおうという業者側のサービスであり、利用する側としてのデメリットはまったくありません。

 

逆に言えば、業者側からすると利息というのは収益になるわけですから、それが0円ということは大安売りどころか超出血大サービスということなのです。このサービスを利用しない手はありませんよね。

 

おすすめはプロミスの30日間無利息サービス

無利息サービスで知名度が高いのはプロミスです。
はじめてプロミスを利用する方で、Eメールアドレスを登録のうえWeb明細を利用の方が対象となっています。

 

最近ではアコムでも同様のサービスを展開し始めましたが、アコムとの違う点は無利息サービスの適用日です。プロミスは初回出金日の翌日から、アコムは契約日の翌日からとなっています。

 

契約日にそのまま出金、ということでしたら双方とも同じく30日の無利息期間となりますが、契約日からしばらくたってから出金した場合、プロミスでは出金日の翌日から30日間なので丸々無利息サービスを受けることができますが、アコムの場合には契約日の翌日から無利息期間が始まってしまっていますので遅れた分無利息期間が少なくなってしまいます。

 

無利息サービスが向いている方、向いていない方

無利息サービスはほとんどの場合、初回の一回限りの利用となっていて、期間が過ぎれば通常の金利の適用になります。そのため、借入期間によっては低金利な銀行カードローンよりも利息が少なく済むこともありますが、借入期間が長くなればそれが逆転するようになります。

 

例えば、
給料日前の一時的な借入や引越し・冠婚葬祭などで急にお金が必要になった時など、割と単発・短期で一時的な小口の借入の場合には無利息サービスのあるカードローンの利用は向いていると思いますが、100万円を超えるなど高額で長期の借入という場合にはもともと低金利の銀行カードローンのほうが向いているかもしれません。

 

会社や家族に内緒でお金を借りたい

会社や家族に内緒でお金を借りたいと考える方は多いかと思います。

 

カードローン会社側も申込者のプライバシーには配慮してくれますので、電話や郵送物で簡単にばれてしまう可能性というのはそうないのですが、それでもやはり心配という方もいらっしゃるでしょう。

 

銀行カードローンを利用する
消費者金融の場合には在籍確認の電話は個人名でかかってくるといいますが、銀行カードローンの場合、銀行名でかかってくるといいます。銀行からの電話となるとそう怪しまれることもないですし、銀行によってはキャッシュカードがそのままローンカードとして使えるところがありますのでお財布に入れていて見られたとしてもそれだけで借金をしているとわかることはありません。

 

モビットのWEB完結申込を利用する
絶対にばれたくないという方におすすめなのが、モビットのWEB完結申込です。
手続きがWEBで完結するというサービスは他の業者でもやっていることですが、モビットの場合には「電話連絡なし・郵送物なし」という点が他と違っています。

 

・電話連絡なし
審査結果の連絡などモビットからの連絡はメールで、また在籍確認は電話ではなく、勤務実態を確認できる書類の提出で行われるため電話での連絡はなし

 

・郵送物なし
WEB完結は申込から利用までがWEBで完結するサービスです。

融資方法は振込融資となるため、ローンカードの発行自体がありません。
また契約書類などの書類はWEB上で電子交付となるため郵送物がありません。

 

WEB完結申込の利用にあたってはいくつか条件があり、また提出書類も通常のカード申込と比べてかなり多いのですが、それでも周囲に内緒でお金を借りられるというメリットは大変大きいです。

 

パートやアルバイトでもお金を借りたい

パートやアルバイトでお金を借りたいという方は多いです。

 

カードローンは年収がある程度ないと借りれないのではと思われるかもしれませんが、パートやアルバイトなど非正規雇用の方でも安定した収入があれば十分にお金を借りることは可能です。

 

ただしパートやアルバイトの方の場合、正社員の方などと比べると収入が少ない方が多いかと思います。そのため、借りられる額は少なくなってしまうかもしれません。とくに消費者金融などを利用する場合には総量規制がありますから、借りられる額は個人の年収の3分の1までと制限されてしまいますので借入額に注意しましょう。

 

銀行カードローンでも消費者金融でも利用条件を満たしているのであれば借入は可能ですが、銀行カードローンのなかには年収200万円以上など利用条件がついているものもあります。また、アルバイト不可というところもあるなど審査が厳しい傾向にあります。

 

もちろんそうした銀行ばかりではありませんが、どちらかというならば消費者金融系などのほうが借りやすいかもしれません。